富山県で、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的創業融資相談及び事業計画書の作成なら、横倉行政書士事務所

HOME » 日本政策金融公庫融資ノウハウ » 申込みから融資実行までの流れ | 公的創業融資支援ドットコムin富山

申込みから融資実行までの流れ

申し込みから融資が実行されるまでの期間は約1ヶ月~1ヶ月半が目安となります。それなりに期間がかかるので、期間に余裕をもって申し込みを行いましょう。

第1段階 相談

  • まずは最寄りの支店の融資相談窓口へ問い合わせ。
    ※富山県内の窓口については下記ページ参照

    この際に、借入申込書や創業計画書などの用紙をもらうこともできます。なお、借入申込書その他の必要書類や記入例などは日本政策金融公庫のホームページからダウンロードする事も可能です。

  • 窓口に行って相談する場合は、もうすでに作成してあれば創業計画書や、法人の場合には履歴事項全部証明書などの他、事業の概要がわかるものを持参すると話がスムーズに進みます。
  • 他の金融機関との協調融資等についても、日本政策金融公庫の窓口にて相談してもよいとのことです。

第2段階 申込み

  • 日本政策金融公庫へ融資の申し込みを行います。融資の申し込みには以下の書類が必要です。
    • 借入申込書
    • 創業計画書
    • 見積書(設備資金を申し込む場合)
    • 履歴事項全部証明書または登記簿謄本(申込者が法人の場合)
    • 都道府県知事の推薦書(生活衛生融資の場合)
    • ※上記の他、担保を希望する場合は、不動産の登記事項証明書または登記簿謄本が必要です。

  • 申込みは日本政策金融公庫のホームページからも行うことができます。

第3段階 書類の審査・面談

  • 申し込み後、しばらくすると、担当者から面談の日時についての連絡があります。この際、先日提出した書類の他に必要なものがあれば指示されます。
  • 面談は提出した書類をもとに行われます。申込みに関しての必要書類だけではなく、その他の事業計画の根拠となる資料などがあれば持参し、面談の際にはうまくそれらを活用しましょう。

    特に、売上が上がる仕組みに関する資料(ホームページから集客を狙うのであればホームページのデザインなどの資料、会社のパンフレットなどがあればそれらの資料、もうすでに売り上げの見込みがたっているのであれば注文書・契約書等)は大切です。

    日本政策金融公庫の担当者は、あなたの会社のことはもちろん、あなたが事業を始めようとしている業界のことを深く知っているわけではありません。したがって、それらを補う資料があれば面談時に持参し、活用する必要があるでしょう。

  • 会社・事務所訪問が行われる場合もあります。

第4段階 結果についての通知

  • 面談終了後1週間ほどで、融資の結果について連絡があります。
  • 融資が決定した場合は、借用証書など契約に必要な書類が送られてくるので、必要事項を記入し返送します。

第5段階 融資の実行

  • 数日後、決定された条件に基づいて融資が実行(入金)されます。面談から融資が実行されるまでには、一般的に、およそ3週間~1ヶ月ほど日数がかかるようです。場合によっては、もっとかかる場合もあるようです。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@yushi-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
(ナイター・土日相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab