富山県で、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的創業融資相談及び事業計画書の作成なら、横倉行政書士事務所

HOME » 制度融資(信用保証協会付融資) » 保証協会と相性の良い銀行、悪い銀行 | 公的創業融資支援ドットコムin富山

保証協会と相性の良い銀行、悪い銀行

保証協会と相性の良い銀行とは

保証協会の保証付き融資はどの銀行でも受けられますが(制度融資では取扱金融機関になっている場合)、相性の良い銀行と悪い銀行というのがあります。

特に相性が良いのは第一地方銀行です。

ですので、創業者の方も、融資の実行確率を上げるためにも第一地方銀行を狙うとよいでしょう。富山県の金融機関では、北陸銀行、富山銀行がこれに当たります。富山県内にある他県の第一地方銀行は、北國銀行(石川県)、福井銀行(福井県)になります。

特に「通常の申し込みでは審査に引っかかる恐れがある・・・・。」と銀行が判断した時には、担当者自身が直接書類を保証協会に持ち込み(通常は郵送)、交渉をしてくれることがあります。この時に一番影響力を持っているのが第一地方銀行の”鶴の一声”なのです。

なぜなら、各保証協会における融資残高の3割~4割を押さえているのが第一地方銀行なのだからです。

第一地方銀行はどの銀行よりもたくさん保証協会付きの案件を持ってきてくれます。保証協会の収入源である保証料を一番稼がせてくれるのです。だからこそ、第一地方銀行の声は重く、信用保証協会にとって大きなプレッシャーになるのです。

保証協会と相性の悪い銀行とは

逆に、保証協会が一番嫌っているのがメガバンクです。メガバンク経由で保証協会付き融資を申し込むと、審査が厳しくなる場合があります。政令指定都市等の首都圏は別ですが、地方に行けばいくほどその傾向は高まります。

では、なぜ信用保証協会はメガバンクを嫌っているのでしょうか?

メガバンクは地方に出店するだけしておいて、状況が悪くなるとすぐ撤退してしまうからです。
その点、第一地方銀行は倒産でもしない限り撤退などはありません。それに加えて、保証協会付き融資案件を一番たくさん持ってきてくれます。
第二地方銀行や信用金庫などもありますが、第一地方銀行に比べるとレベルが低いようです。書類など処理上の不備も多い。
メガバンクは、仕事ができるし書類などの不備もありませんが、なんせ、状況が悪くなるとすぐ撤退する可能性があるので、怖くて付き合えません。

だから、結果的に、第一地方銀行との関係が深まったと思われます。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@yushi-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
(ナイター・土日相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab