富山県で、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的創業融資相談及び事業計画書の作成なら、横倉行政書士事務所

HOME » 制度融資(信用保証協会付融資) » 過去の金融事故・・・ | 公的創業融資支援ドットコムin富山

過去の金融事故・・・

Q.個人情報は保証の審査に影響しますか?

A.個人情報は基本的に照会しません。

「個人情報が融資の審査に影響するのか?」という事はみなさん気になるところだと思います。融資の申し込みをする際にも「個人情報の取り扱いに関する同意書」を提出しますから、個人情報については徹底的に調べられる感じがしますし。
ただ、この「個人情報の取り扱いに関する同意書」はみなさんが心配される個人情報の内容とは少々異なります。あくまでも融資を受けるために利用する個人情報ですので、さほど心配する必要はありません。

たとえばクレジットカードでいくら借りているか?とか、過去にクレジットカードの返済が遅れてしまったことがある・・・とかサラ金に手を出したことがある・・・といった事業主の個人情報は、信用保証協会の審査には関係ありません。というか、そのような情報には基本的にアクセスすらしないでしょう。
したがって、過去に借金を踏み倒したことがある等、過去に金融事故を起こしてブラックリストに載っていたとしても、ほぼ大丈夫だと言えます。

保証協会が融資するのは、あくまで事業用の資金であって、事業主のプライベートのための資金ではないからです。事業用の資金と事業主のプライベートな資金とでは、信用保証協会も見るべき点が異なります。

したがって、個人消費に関する事業主の個人情報は審査の対象にはなりません。というよりも、わざわざそのような情報を照会するといった行動はしないはずです。

それでも悪い情報がばれたらアウト

そうはいっても、もしそのような悪い情報が銀行や信用保証協会にバレたらどうなるでしょう。

それはやっぱり融資を受けられなくなると思われます。商工ローンや消費者金融からお金を借りていることがバレたら同じくアウトだと思われます。

もし、事業主について何か不審に思うときがあれば、銀行は事業主の個人情報を照会するための同意を取り付け、調べたうえで何かやましい事実が発覚すれば融資を拒否するでしょう。
誰でもお金に関してルーズな人には、お金を貸したがらないですよね?銀行といえどもそれは同じです。

しかし、実際の現場では銀行から「あなたは消費者金融からお金を借りてないよね?」と聞かれ、「借りてません。」とさらりとかわし、「ああ、そうですか。」で終わることも一般的には多いようです。
個人的には嘘はいけないことだと思います。しかし、もし面談時にこのような事を聞かれなければ、わざわざこちらから言う必要は全くありません。これは当然ながら嘘とは違います。基本的に面談時には、聞かれたことについて簡潔に述べるようにしましょう。余計な事をべらべらしゃべりすぎるのはいろいろな意味でよくありません。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@yushi-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
(ナイター・土日相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab