富山県で、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的創業融資相談及び事業計画書の作成なら、横倉行政書士事務所

HOME » 制度融資(信用保証協会付融資) » 資金繰りを楽にする・・・ | 公的創業融資支援ドットコムin富山

資金繰りを楽にする・・・

苦しいときは「借換保証」

信用保証協会付き融資を受けていて、その返済が難しくなった方を対象に、その借り換えを行ったり口数の一本化を図ることにより、その負担を軽減する制度です。

『制度上認められたリスケ』

普通、銀行から借りたお金を約束通り返済できなくなった場合に、銀行に泣き付いて毎月の返済額を減らしてもらった場合には事故扱いになります。いわゆる「リスケ(リスケジュール)」です。
通常、リスケジュールすると銀行での自己査定が下がります。そうすると、それ以降銀行からの融資を受けにくくなります。

これに対して、借換保証の制度を利用して毎月の返済額を減らした場合には、事故扱いにならないのです。資金繰りが厳しくて毎月の返済が苦しいという事情は同じでも、この借換保証制度を利用して毎月の返済額を減らせば、資金繰りがグッと楽になるとともに、銀行との関係も信用保証協会との関係も良好に保たれるのです。


制度の概要

保証付借入金の借り換え(返済期間の長い新たな保証付融資に借り換えること)や、今ある複数の保証付借入金を一本化したうえで返済期間を最大10年まで延ばし、毎月の返済額を減らすことにより、事業者の返済負担を軽減します。

融資は不思議なもので、同じ金額を借りていたとしても、借入本数が多くなればなるほど、毎月の返済額は増えてしまうものです。
総額800万円借りていたとしても、一本で800万円借りるより、200万円を4本ずつ借りる方が、毎月の返済負担は大きくなります。
この借換保証を使えば融資を一本化できますし、返済期間も延ばすことができるので、資金繰りはグッと楽になります。

また、「真水(ニューマネー)」といって、現在借りている金額に加えて、さらに借入金額を追加することもできます。(運転資金にも設備資金にも利用可能)

【借換のイメージ】

ただし、都道府県や市区町村の制度融資を使っていて、なおかつ保証料の軽減や利子の補給といった優遇を受けている場合は、利用できないことがありますので、事前に確認しておきましょう。

申し込み先

利用の方法は通常の信用保証協会の保証を利用する場合と同様に、金融機関の窓口で「信用保証協会の借り換え制度を利用したい」旨を告げ、金融機関と借り換えのプランについて相談しましょう。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@yushi-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
(ナイター・土日相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab