富山県で、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的創業融資相談及び事業計画書の作成なら、横倉行政書士事務所

HOME » 事業計画書作成ノウハウ » 「運転資金」と「設備資金」 | 公的創業融資支援ドットコムin富山

「運転資金」と「設備資金」

運転資金とは?

運転資金とは、仕入先への支払資金、経費の支払い、支払利息、買掛金・支払手形の決済など会社を運営していくために必要な資金をいいます。
「設備資金」でないものはすべて「運転資金」となります。

上記のほかに「運転資金」には次のようなものがあります。

  • 従業員・パート・アルバイト・等への支払い給料
  • 家賃・駐車料
  • 電気・ガス・水道などの光熱費
  • 通信費(電話・インターネット・携帯電話・郵送代等)
  • 広告宣伝費
  • 交通費
  • 交際費
  • リース料
  • 消耗品・事務用品費
  • 諸雑費

運転資金の場合は設備資金と異なり、見積書などの具体的な書面はありません。なので「この部分の融資については何に使いますか?」と銀行員から尋ねられ、「運転資金に使います」とだけ答えても、銀行員としては具体的に何に使うのかはっきりしません。
ですので「運転資金」は、その中身や内容について、数字(銀行員は具体的な数字が大好き)なども使って具体的に答えられるよう事業計画書等に記載します。

また、個人事業の場合は、事業主の給料は人件費として計上できません。(最終的な利益から支払われることになります。)ですので、自分の給料に関しては人件費として計上しないように注意してください。
法人の場合は、役員給料として計上することができます。

設備資金について

設備資金とは、文字通り会社の設備に関する資金で、機械を購入したり、店舗を改装したり、机・椅子等の什器等を購入するための資金をいいます。
設備資金として融資を受けるには、その設備に関する見積書などを必ず用意します。
もし、見積書がとりにくいもの(例えば、10万円以内の什器類や備品など)は、面談時にその旨の話をするだけで済む場合もありますが、金額が記載されたカタログやインターネットでの販売価格が明示されたものをプリントしたものを持参してもいいでしょう。

なお、内装費や店舗の賃貸をした場合の保証金・敷金などは「設備資金」の扱いとされますので、これらがある場合は、設備の項目に記載しましょう。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@yushi-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
(ナイター・土日相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab