富山県で、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的創業融資相談及び事業計画書の作成なら、横倉行政書士事務所

HOME » 創業計画書作成ノウハウ » 融資審査のポイント① | 公的創業融資支援ドットコムin富山

融資審査のポイント①

新規創業者には過去の実績が無い

先ほども申しましたとおり、新規創業者に関しては過去の実績というものがありません。この過去の実績がないという事は、ある意味、お金を借りる側には都合が良い立場として使うことができます。

例えば、既業者でとても事業が好調ならお金を借りる際にも何も気にすることはありませんが、既業者で事業がうまくいってない場合には、お金を借りす際にはとても苦労するでしょう。

ピンチな状況でありながらも、決算書の中身はよくありませんし、なおさら金融機関も融資には慎重になるでしょうし、その状況を説明し説得し理解してもらうには、より一層の熱意・努力等が必要でしょう。

良くも悪くも一旦起業してしまうと、必ず実績というものがついてきます。

事業計画書で未来を作り上げる

その点、上記でも述べたように、新規創業者には実績がありません。あるのは未来だけです。

それならば、事前に事業についてしっかりと検討し、輝かしい未来になる計画をつくればよいのです。そのうえで、金融機関との面談対策も事前にしっかりと行い、実際の面談時に、その計画について語ればよいのです。

融資審査においては事業についての「人物」「将来性」「確実性」などの部分が大事になってきます。この点を踏まえ、創業融資の審査では次の点に注意する必要があります。


事業に必要な経営能力があるか?

金融機関の審査には大きく分けて2つのポイントがあります。

  • 経営能力の有無
  • 事業計画の妥当性

これら2つは、車の両輪のような関係であり、どちらか一方が優れていても、もう一方が不安定であれば、事業計画書の出来としても不十分なものとなるでしょう。

「経営能力があるか?」と聞かれても何をもって答えればよいか迷うとこですが、実際には、創業の動機やこれまでの経験、事業に対する熱意・考え方等が審査のポイントになります。
事業計画書の作成に関しても、上記のようなポイントについて自分の言葉でしっかりと述べられていることが必要です。ただ単に事業計画書の記入項目になっているから、ただ単に埋めるというものではなく、融資審査のポイントとして、自分の気持ち・熱意が金融機関の担当者に伝わるように、融資の実行に結びつくように、融資の審査に関連・反映されるように考えて記入しましょう。

もう一つ、「事業計画の妥当性」に関しては、収支予測の組み立て方やその見通し・資金繰り・財務的根拠についてどのように考えているかが審査のポイントとなります。

事業計画書を作成する際は、ただ単に数字的に事業が成り立ちますというだけでなく、上記のようなポイントを含め総合的に自分の思い・考えを表現しましょう。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@yushi-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
(ナイター・土日相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab