富山県で、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)、制度融資(信用保証協会付融資)等の公的創業融資相談及び事業計画書の作成なら、横倉行政書士事務所

HOME » 公的創業融資を利用するメリット | 公的創業融資支援ドットコムin富山

公的創業融資を利用するメリット

公的創業融資を利用する4つのメリット

必要資金の確保以外にも、以下のようなメリットがあります。

新規創業者が融資を利用する目的としては、まず第一には、設備資金や運転資金の確保の為というものでしょう。もちろんこれは当たり前のことです。資金がないと会社として活動していくことはできません。

しかし、当事務所が公的創業融資の利用をおすすめする理由は、こればかりではありません。

もちろん上記と関係してくることですが、それプラス、以下のようなメリットも享受することができると考えられるからです。

  1. 精神的に安心できる
  2. 創業後の想定外の支出に対応できる
  3. 創業時は借りやすい?
  4. ピンチの時でも貸してもらえる

1.精神的に安心できる

新規創業するにあたり、必要な資金を事前にすべてご自分で貯められており、事業に要する費用はすべてこの中からまかなうことができれば、それはそれで結構でございます。むしろ、そのように準備できることは、大変素晴らしいことだと思います。

しかし、実際に事業がスタートしてみると、足りると思っていた自己資金が、足りなくなったりする場合があるかもしれません。

あるいは、初めは十分な資金でスタートしたが、思うように売上げが上がらず、資金的に苦しくなってきたりする時が来るかもしれません。

資金的に苦しくなってくると、それに対する対策も取る余裕がなくなってきたりします。そうなると、ますます悪循環にはまっていきます。

そのような場合に備え、資金的には余裕を持っておくことをおススメいたします。

このような理由から、私どもの主張としては、新規創業にあたり資金的に余裕のある方でも、いくらかのお借り入れをしておかれることをおススメしております。

資金的に余裕があれば、想定外に陥ったときでも、資金が不足しているときよりは精神的に余裕が生まれ、いくつかの対策をとることが可能となってくるでしょう。

事業を行っていく以上は、小さな金利を気にしている場合ではありません。

2.創業後の想定外の支出に対応できる

創業する前に、事前に、十分事業計画を練っていたとしても、創業後に思うようにいかず、対策を迫られる場合が来ることは、ややもすれば、頻繁にあることかもしれません。

足りなかった部分が見えてきて、さらなる設備投資をする必要性が出てくるかもしれません。

その場合、カツカツの資金計画で事業を行っていれば、当然、それに対処する資金を出すことは困難になります。

その一方で、前述した部分とも重なる話なのですが、余裕資金があれば、このような想定外の支出が発生した場合にも、当然、対応することができるようになります。

これは、いうなれば、私(=行政書士)にもあてはまったことでもあります。

私も、創業前に、日本政策金融公庫で資金を借り入れたのですが、事前に事業計画として練った部分とは、異なった部分が、創業後は発生いたしました。(主に売上げに関してですが…)

やはり、今まで、事業を行ってこなかった素人が練った事業計画では、創業後に想定外のケースが発生することは、ある意味当然でもあることと思います。(もちろん、事業計画を全く考えなかった創業者に比べたら、はるかにマシですが。)

しかし、幸いにも、ある程度の余裕資金があったおかげで、対策を行い、今に至ることができております。

もし、そこで、余裕資金など一切なかったとしたら、その時点で、廃業・・・ということになっていたかと思います。

このように、想定外の支出が必要な場合でも、手元に資金の余裕があれば、対処することが可能になります。

3.創業時は借りやすい?

借りやすいというと語弊があるかもしれませんが、しっかりとした準備をして借入に臨めば、ある程度借りやすいというのが新規創業者であると言えるということです。

当然、既業者にせよ新規創業者にせよ、何の準備もなく借入に臨めば、簡単に借入不可に終わってしまいます。

既業者の場合、良くも悪くも、ある程度の期間、事業を行っていれば、実績というものがついてきます。そして、それは、決算書などに結果として残ります。
調子が良いときは問題ありませんが、調子が悪いときは、その決算書等の書類が、融資に大きく響いてしまうでしょう。

その一方、新規創業者には、良くも悪くも、過去の実績というものがありません。あるのは、未来のみです。

その未来は、事前に事業についてじっくりと検討しておけば、書類上は、輝いたものにすることはそれほど難しくはありません。
(むしろ、新規創業者には、このような事前の準備が、事業を行うにも借入を行うにもとても重要です。)

言ってしまえば、未来は誰にも分かりません。

それなら、事前にしっかりと事業についてシミュレーションし、検討を重ねておくことによって、未来を輝かしいものにしてしまえばよいのです。(結果的に、それが、実際の事業運営にも、大きく役立つことになるでしょう。)

そういう意味で、実績がない新規創業者は、ある意味、借りやすいのです。

公的創業融資を利用する本当の魅力とは?

新規創業者にも資金を貸してくれて、しかも、低金利、長期、固定の公的融資。

上記で3つのメリットをご紹介してきましたが、本当の魅力とは、下記のことかもしれません。

4.ピンチの時でも貸してもらえる

それは、ピンチの時でも貸してもらえるということです。

「銀行は、晴れの日に傘を貸して、雨が降ると取り上げる」という言葉で、巷では揶揄されておりますが、民間の金融機関では、ピンチの時は、よほど大企業でもない限り、資金を貸してくれることはありません。

調子がいいときはよいでしょうが、調子が悪くなると掌返したように、簡単に見放されてしまいます。

そのような光景を、TVドラマなどで見たことはないでしょうか?

その一方、公的融資は、業績が悪化したからといって、簡単に見放すようなことはしません。そのような場合に備え、セーフティネット貸付なるものも用意されております。

ただ、注意しておいていただきたいことは、公的融資といっても、何でもかんでも、ピンチの時に助けるというものではありません。

それには、実績というものが係わってきます。

公的融資といえども、実績・取引のない相手がいきなりピンチの時にやってきても簡単には貸せないのです。

ただ、今までコツコツとしっかり返済して実績を作っておけば、いざピンチになったときにも、ある程度容易に借りられる可能性があるでしょう。

つまり、大切なことは、「コツコツと返済し続ける実績」をつくることなのです。

たとえ、創業時に資金を借りる必要がなかったとしても、100万円程資金を借りておき、それを3年~5年くらいかけてコツコツと返済し、実績を作っておくのです。その分の金利など、それで信用が作れ、将来のための備えになるなら安いものではないでしょうか?

そういったリスクヘッジをするという意味でも、借りやすいときに借りておいて、それで返済の実績や金融機関との関係を作っておき、いざピンチになった場合に備えておくという姿勢も、経営者に求められる資質ではないでしょうか?

「金利がもったいない・・・」
「借金は嫌だ・・・」

そんなことを言ってる場合ではありません。事業は遊びではありません。金融機関も利息を貰い受けることによって事業を成り立たしています。もっと、大きい視点で物事を考える必要があるのではないでしょうか?

資金が枯渇しては何もできません。

これは一般の生活でもいえることです。
住宅ローンなどについてもいえるのではないでしょうか?「利息を払うのが嫌だ…」、「できるだけ利息の支払いは少なくしたい…」、そんな考えで、極端な短期で住宅ローンなどを組んでいないでしょうか?

短期でローンを組むということは、毎月の支払額がその分大きくなります。支払う利息の合計額は減るかもしれませんが、毎月の負担は大きくなります。そうなると、資金に余裕がない場合、資金繰りが悪化します。一般の生活といえども支払に無理が生じてくるのです。

返済期間を長くすることによって、支払う金利は大きくなるかもしれませんが、その分、期間的や金額的に楽になります。

その分、返済を待ってもらえるという(法律用語でいう)「期限の利益」が得られるのです。その間に、いろいろと対策をとることが可能です。

このような考えをもって、事業を行っていく姿勢が必要なのではないでしょうか?

※このページの内容は、創業との関係においての借入に対する考えの一例を示したモノであり、借入を積極的に推奨するものではありません。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@yushi-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝日休み
(ナイター・土日相談は要予約)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab